現場での悩みややりがいとは?仕事をする上で発生する様々な事情

やりがいについて

システムエンジニア(SE)を辞めたいと考える人は少なくありません。主な理由として考えられるのが仕事の大変さです。SEの仕事はクライアントの希望するシステムやソフトウェアを設計することですが、そのクライアントから何度も修正を求められることがあります。これにより仕事量が増えるので、納期前は徹夜で作業、休日出勤という状況も珍しくありません。日々膨大な量の仕事をこなし、更に専門知識を持つ技術職であるにもかかわらず、給料が余り高くないのも退職・転職を考える理由の1つです。

しかし、システムエンジニアの仕事にはつらいことばかりではなく、やりがいもあります。やりがいとして大きいのがシステムやソフトウェアが完成した時の達成感です。システムやソフトウェアを作る過程でクライアントからの修正や技術的なトラブルなどが良く起こります。そうした困難を乗り越えて完成させるので達成感も大きいです。また、SEの仕事は1人ではなくチームで行うことが一般的なので、完成した時の達成感をチームのメンバーと共有することが可能です。

もう1つのやりがいとして、クライアントからの感謝が挙げられます。クライアントには何度も修正を求める厳しいクライアントもいますが、そういった厳しい人から感謝や高い評価をされると一層やりがいを感じます。また、システムエンジニアの仕事を続けるうちに自身の技術・知識が成長し、それが仕事や収入に反映されていくのもやりがいの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です